何れ菖蒲か杜若

考察好きの村上担による徒然日記

コナン最新作に通い始めた村上担の話(中編・ネタバレあり)






見てくださってありがとうございます!
前回(http://geranium.hatenablog.jp/entry/2017/04/17/213055)の続きの記事となります。


とうとう3回目見てきました♡


1回目は友人と行ったので普通に鑑賞しましたが、2・3回目はガチでメモ取りました〜!
周りの皆様にご迷惑おかけしないように配慮した結果、最後列に座りノールックで書きまくりました。自分のメモが暗号と化しました!修行が足りない!(しかも何個か迷宮入り)



さて、私のネタバレ込みの考察は以下の6項目です。



①映画タイトルの考察
②本作に登場する百人一首の解釈
③エンドロールの考察
④本作における電話の重要性
⑤平次くんと村上さんの共通点
⑥村上さんに言わせたい台詞ベスト3
⑦登場する紫色について


想像以上に文章量が多くなったので、

事件真相に関する考察
①②③④⇒中編

平次くんや村上担としての感想
⑤⑥⑦⇒後編

ってことにしました!
ここからは自己責任ですよ!
まだ見てない人はUターンしてくださいね!







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


①映画タイトルの考察

まずはタイトルから。
から紅(=唐紅、韓紅)とは、濃い紅色のことを指します。百人一首の中では、紅葉の紅色を「から紅」と表現している歌があります(②-❻で後述)。
また、から紅は日本文学において血の鮮やかさを表現する言葉としても用いられるようです。初めて知った…

恋歌=恋の歌が多い百人一首のことだと捉えると、

⑴紅葉が美しい皐月堂で詠まれる百人一首
⑵血に染まった百人一首

ってところでしょうか??
特に⑵は、皐月会のかるた札と矢島さん宅のかるた札の両方を指してるのでは。本作のタイトル、綺麗だけど儚いですね…


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


②本作に登場する百人一首の解釈

本作では、事件に関連して6つ・会話の中で3つの歌が登場します。


≪事件関連≫

❶TV局の爆破予告の紙
奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
声きく時ぞ 秋は悲しき

現代語訳:人里離れた奥山で、散り敷かれた紅葉を踏み分けながら、雌鹿が恋しいと鳴いている雄の鹿の声を聞くときこそ、いよいよ秋は悲しいものだと感じられる。


阿知波会長が、今回の事件を名頃鹿男さんの犯行だと見せかけるために使用した歌。雌鹿を想う雄鹿の声に情緒を感じる歌ですが、名頃さんの想いは皐月さんに届かないまま終わってしまったんですね…ウッ…



❷殺害された矢島さんが握っていた札
山川に 風のかけたる しがらみは
流れもあへぬ 紅葉なりけり

現代語訳:山の中の川に、風が掛けた流れ止めの柵(しがらみ)がある。それは、流れきれないでいる紅葉の集まりだったよ。


紅葉が川の流れを堰き止めている=紅葉の歌を得意札とする名頃会が皐月会を邪魔しているという捉え方もできるのかな…?
(ちなみに、映画の予告編CMで紅葉ちゃんがこのかるた札思いっきり飛ばしてます。さすが得意札。)



❸関根さんの携帯の画像
このたびは 幣も取りあへず 手向山
紅葉の錦 神のまにまに

現代語訳:今度の旅は急のことで、道祖神に捧げる幣(=貢物)も用意することができませんでした。手向けの山の紅葉を捧げるので、神よ御心のままにお受け取りください。


幣=罪とか穢れを払うために神前に供えるもの だそうです。皐月さんの犯した罪を隠すために紅葉(が得意札の元名頃会メンバー)が捧げられたのだとしたら、本当に皮肉な歌だなぁと思います。
3回も観ると関根さん可愛く思えて来るから不思議。ただ師匠守りたかったんだもんね!!まんま宮川さんの声だけどすきだよ!!!←
(TV局でリハしてた時、紅葉ちゃんが小五郎のおっちゃんの足元にまでぶっ飛ばした札はこの歌でした。)



❹紅葉ちゃんの携帯の画像
嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は
龍田の川の 錦なりけり

現代語訳:山風が吹いている三室山の紅葉(が吹き散らされて)で、龍田川の水面は錦のように絢爛たる美しさだ。


阿知波会長、紅葉ちゃんが必ず決勝に進むと分かっていたからこの歌を送ったんでしょうか。小舟で皐月堂に向かっていた時、紅葉がとっても綺麗でした…



❺阿知波会長の携帯の画像
小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 
今ひとたびの みゆき待たなむ

現代語訳:小倉山の峰の紅葉よ。お前に人間の情がわかる心があるなら、もう一度天皇がおいでになる(行幸される)まで、散らずに待っていてくれないか。


「待っていてくれないか」って言葉は、阿知波会長の皐月さんに向けた想いにもかかっている気がします。携帯を見ながら覚悟を決める阿知波会長の後姿がとても切ないです…



❻試合当日の和葉ちゃんの携帯の画像
千早ぶる 神代もきかず 龍田川
からくれなゐに 水くくるとは

現代語訳:さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえも、こんなことは聞いたことがない。龍田川が(一面に紅葉が浮いて)真っ赤な紅色に、水をしぼり染めにしているとは。


❹と同様に、水面に紅葉が浮かんでいる情景を表しています。本作のタイトルにもかかっている歌ですが、皐月堂が爆破された時に水面に映っていた火もから紅なのでは…?と思いました。



≪会話≫

❶和葉ちゃんの得意札
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
ものや思ふと 人の問ふまで

現代語訳:心に秘めてきたけれど、顔や表情に出てしまっていたようだ。私の恋は「恋の想いごとでもしているのですか?」と、人に尋ねられるほどになって。


平兼盛が詠んだ歌なんですが、「平次の平の字から始まるのはこの歌だけやねん♡」って……遠山和葉、可愛すぎか〜〜〜!!?(大混乱)
好きな人の1文字で萌えられるのは相当なオタク気質ですよ!平家全員対象じゃないか!

(から紅HP画像、平次が和葉を守っている右腕あたりにも映ってました。HPの時点で全く忍べてない。)



❷蘭ちゃんのお気に入り
めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に
雲がくれにし 夜半の月かな

現代語訳:せっかく久しぶりに逢えたのに、それが貴女だと分かるかどうかのわずかな間にあわただしく帰ってしまわれた。まるで雲間に さっと隠れてしまう夜半の月のように。


慌ただしい再会を月に託して惜しんだこの歌に共感しちゃう蘭ちゃん切なすぎる…
(から紅HPの画像、蘭ちゃんの胸元に映ってました。蘭ちゃんの胸の内かと思うと、普段は明るく振舞っているところが余計に切なくなります。)



❸新一の返歌
瀬を早み 岩にせかるる 滝川の
われても末に 逢はむとぞ思ふ

現代語訳:川の瀬の流れが速く、岩にせき止められた急流が2つに分かれる。しかしまた1つになるように、愛しいあの人と今は分かれても、いつかはきっと再会しようと思っている。


平次くんと和葉ちゃんの2人だけでお腹いっぱいなのに、とんでもないデレを見せつけられて私は頭抱えました!!!!新一が告白してたの知らなかったよ!!!!!
伏線として、蘭ちゃんは紅葉ちゃんとお話しした時にこの歌の意味聞いてるんですよね。蘭ちゃんと紅葉ちゃん、共感できる部分は多いし絶対仲良くなれるよな…
そういえば、コナンくん皐月堂の火を消す時にサッカーボールで滝塞いでたよね。この歌にかけてるんでしょうか。
(予告編CMでも使われてました!上の句は新一だけ、下の句は蘭ちゃんと2人で詠んでます。ごちそうさまです。)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


③エンドロールの考察

主題歌である倉木麻衣さんの『渡月橋 〜君想ふ〜』、本作のために書き下ろされたそうですが、めちゃくちゃ歌詞素敵ですね!??しかも個人的に曲調好きすぎてつらいです!!今日街歩いてて聞こえてきたのですが、咄嗟に「アッ、しんどい」って口走りました(多分CD買います)


私的予想としては、

1・2番 …蘭ちゃん、紅葉ちゃん
Cメロ〜大サビ…和葉ちゃん

の気持ちなんだろうなって思ってます。



【1番Bメロ】
『そう いつの日だって 君の言葉忘れないの』
→平次くん紅葉ちゃん幼少期のプロポーズ( )、新一から蘭ちゃんへの告白

【2番Bメロ】
『ねぇ いつになったら また巡り会えるのかな』
→想い人とは離れている

【1・2番サビ】
『川の流れに 祈りを込めて』
→紅葉ちゃんと蘭ちゃんの会話で登場した「瀬を早み〜」にかけてる?

【2番サビ前に出てくるかるた札】
(左)
玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
忍ぶることの よわりもぞする
現代語訳:我が命よ、絶えてしまうのなら絶えてしまえ。このまま生き長らえていると、堪え忍ぶ心が弱ってしまうと困るから。

(右)
来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや 藻塩の 身もこがれつつ
現代語訳:松帆の浦(=現在の兵庫県)の夕なぎの時に焼いている藻塩のように、私の身は来てはくれない人を想って、恋い焦がれているのです。

左右を東西と考えると、堪え忍んでいるのは蘭ちゃん、会うことの出来ない人に想い焦がれる紅葉ちゃん…?
(ちなみに、玉の緒を〜は、から紅HP画像の愛ちゃん付近にも描かれてました。愛ちゃんの心境もこの歌に絡むのか?と思ったけど、それは考えすぎかな?)



【Cメロ】
『君となら不安さえどんな時も消えていくよ』
=不安な時に常に一緒にいる
『から紅の紅葉達さえ熱い想いを告げては ゆらり揺れて歌っています』
=紅葉ですら伝えられているのに、私達はまだ想いを伝えられていない

→近くにいるのになかなか想いを伝えられない平次くんと和葉ちゃん?



深読みできちゃうこのエンドロール、何度でも観れるな〜〜しんどいな〜〜〜(頭抱える)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


④本作における電話の重要性

この作品、めちゃくちゃ電話しまくってるんですよね。園子ちゃんなんて電話でしか出てない。舞台が大阪と京都で距離があるから余計に多いんでしょうけど、電話って関係性が露骨に出るからとっても面白かった…!


≪主要メンバーの電話≫ ※敬称略


❶コナン⇒愛(解析依頼)
コナンくんの身の心配してあげたのにネチネチ発言されるし、用件終わるとすぐ電話切られちゃう愛ちゃんが不憫でしょうがない。ちなみに、電話切られた直後の阿笠博士の台詞は毎回映画館でウケてます。平日のレイトショーも行った私が保証する。


阿笠博士⇒少年探偵団の3人(クイズ)
阿笠博士がテレビ電話慣れてなくて手ブレしてるところに芸の細かさを感じます。クイズ目当ての電話って知ってふてくされる3人可愛いし、なんだかんだちゃんと考えるあたり良い子達だな〜!ちなみに私は光彦推しです←


❸和葉⇒平次(かるた大会の昔話、喧嘩)
昔話を茶化されて喧嘩しちゃう和葉ちゃん本当に可愛い!そして、電話切られた後にシュン…って落ち込んじゃう平次くんが可愛すぎて声出そうになった。なにあのワンコ気質!!君達は長電話向いてないからずっと一緒にいた方がいいよ!!!!!!!(熱弁)
余談ですが、TV局の廊下歩きながらお好み焼き屋の話してるシーンがめちゃくちゃすきです。あの2人は一緒にくだらない会話してる時が一番素なんだろうな〜電話じゃダメなんだろうな〜


❹平次⇒平次母(和葉ちゃんの特訓依頼)
家族ぐるみで和葉ちゃん大切にしてるのが伝わってくる電話でした。電話かける時の平次くん、右親指でフリック入力だったね。こんな所で平次くんの高校生っぽさ感じるとは…しんどいです…


❺蘭⇒コナン(ホテル、心配して電話)
推理に集中しちゃうと周り見えなくなる新一の悪いところが出てました。蘭ちゃん心配してくれてるよ。
ちなみに、絶対バレるであろう発信器の大きさも映画館ではザワザワポイントです。笑


❻愛⇒コナン(解析結果の報告)
かけてもらった側ってこともあって、やっぱりコナンくん素っ気ないんだよなぁ…笑
メール画面の左端、受信ボックスとは別に「工藤くん」「博士」ってちゃんとフォルダ分けしてたのが愛ちゃんらしくてすきです。あと件名が「お土産忘れないでね」ってところも可愛い。


❼平次⇒紅葉(かるた札のメール確認)
平次くんからの電話と知ってテンション上がっちゃう紅葉ちゃん可愛かったし、本当に好きなんだな〜〜〜!って伝わるシーンでした。切られた後の平次くんの「あの阿呆、切りよった!」って台詞もツボ。


❽蘭⇒園子(新一の返歌について)
自分でググらずに電話で人に聞いちゃう蘭ちゃん可愛い。返歌が来た時、すぐに園子ちゃんに電話するところから2人の仲の良さがわかります。


主なところはこんなところですかね?
電話を通して、女性陣が男性陣に物足りなさや寂しさを感じている印象があります。かけてもらった側だから用件少ないのはわかるけど、男性陣素っ気なさすぎるよ…!!(再び頭を抱える)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ネタバレ考察以上です!
よりマニアックな後編に続きます!!!笑